FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

MetaTrader Build600について

先日よりMetaTrader4がBuild600になり、今までMetaQuoteがアナウンスしていた仕様とは大幅に仕様変更が行われました。

結果、今回の仕様変更に該当する機能を使用したEAやインジゲーターは計算処理が狂い、動作しない・誤作動するといった現象を起こす物が多数出てきている模様です。

また動作しない・誤作動などが起こらないにしても、MetaTrader4のインストールフォルダ内の構成が変更になりましたので、戸惑う方も多くいらっしゃると思います。

フォルダ構成の大きな違いとしては

・deletedフォルダの廃止
・mailboxフォルダの廃止
・symbolsetsフォルダの廃止

と無くなったフォルダ群があります。

そして逆にMQL4フォルダが新設されました。
今までexpertsフォルダの中にEAやインジケーター、ライブラリ(DLL類)のフォルダがありましたが、MQL5(MT5準拠言語)にて作った物とMQL4(MT4準拠言語)とでフォルダ階層を使い分けする仕様になったようです。

Build600にアップデートされた時点で以前のexpertフォルダ及び内部フォルダ・ファイルは全てMQL4フォルダ内の各フォルダにコピーされていますので、注意する必要があります。
(実際私もインストールフォルダ直下のexpertフォルダ内のEAを削除したり上書きしても反映されず、気が付くまでは原因がわからず焦りました)

また新設されたMQL4フォルダ内にはImagesフォルダ、Projectsフォルダという物も新設されていましたが用途は不明です。私も今後の為用途などを勉強しておこうと思います。

その他プログラム関連以外にもインターフェイス面での機能追加なども多数あるので、慣れるのに時間がかかりそうです。



ヤフオクからご購入の方はこちらからお願い致します。

DLマーケットからご購入の方はこちらからお願い致します

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。